ジャスミンとジュニアたちの生活
ラブラドールレトリバーのジャスミンとジュニア二人の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
留守番、ジャスミン
週末、福岡の実家に帰りました。



実は、5月31日に父が虹の橋を渡りました。 69歳でした。

 家の中で犬を飼うなんて、、、

 明治生まれの祖母に育てられた九州男児の父にしてみれば

 最初はどうにも理解不能だったようでした。

 でも、昨年ベビィを見に我が家に長期滞在した際には、

 すっかりジャスミンとも仲良くなり、

 朝のお散歩にもしっかり連れて行ったりして。

 ジャスミンの魅力にすっかり虜になっているようでした。



そんな父の、今回は50日祭(神式なので)ということで

私達家族は福岡へ。ジャスミンはおウチでお留守番でした。

(留守中は隣の家の義父母や上階に住む義兄がジャスミンの面倒を見てくれます。)



太宰府天満宮の奥の祖霊殿というところで祭式を執り行ったのですが、

そこへ向かう途中、黒っぽい雑種のわんこが私達一向を先導してくれました。

勝手知ったり、という顔で1歩前を歩くので、

てっきり祖霊殿の飼い犬かと思い込んでいたのですが、結果は違いました。

まるで、目を見てこちらに語りかけるような眼差しのわんこ。

お父さん? と一瞬思ってしまいました。。。

でも、祖霊殿の事務所のおばさんに「シッシ」と言われていましたが。。。





その後、無事に祭式・納骨が完了し、ひと安心しました。







家での会食の最後に、先月末1歳を迎えたベビィのために

パン屋の姉がケーキを用意してくれていました。

なんと!!! パンダのケーキ

チョコチップ入ココアスポンジで土台が作ってあり

そこにホワイトとココアのホイップクリームの飾りつけ。

あまりにも可愛いので、写真を紹介します。



この写真の後、ベビィや周りの大人の手掴み食べで無残な姿になったパンダさんでした。



でも、みんなでワイワイ楽しく会食や歓談ができ、

父もさぞかし空の上から満足そうに眺めていたことと思います。







今回は、お留守番でジャスミンにはつまらない思いをさせてしまいました。

でも、父と仲良くなったジャスミンは、きっと許してくれていると思います。



眠くてトロける寸前のジャスミンです。
スポンサーサイト
[2008/07/20 23:22] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ココアのお開き | ホーム | ジュニアの活動範囲>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jasmama.blog.fc2.com/tb.php/138-1c7c5663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

jasmama

Author:jasmama
1犬、2男児の子育てママです。
今日は何して遊ぼっか?
美味しいもの何食べよっか?
どんな素敵な成長があるのかな?
そんな日常を綴っております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。